keep your eyes open !!
安生正人1stアルバム『レヴォントゥリ』完成!!

M3H RECORDSリリース第2弾。
お待たせ致しました。”みぇれみぇれ”とのスプリットから約3年。着想から1年。
安生正人の1stアルバム『レヴォントゥリ』遂に完成致しました!!
アルバムタイトルが意味するオーロラのように輝き続ける
そして時が経ってもその輝きは失わず決して色褪せる事無い
ギターとハープによる珠玉の全10曲。
時代を超え後世に語り継がれるような傑作に仕上がりました!!
アルバムの情緒感を見事に表現した
田村しおりによるファンタージーな世界観のアートワークもファンタスティック!!
楽曲・アートワーク・エンジニア三位一体が見事に噛み合った渾身の一枚!!
安生正人が残す2014年の最強のつめ痕。是非ご堪能あれ!!
(オンラインショップ:M3H RECORDS shop online

今回は本当に色々な方のお助けを頂き無事に完成に漕ぎ着ける事が出来ました。
本当にありがとうございました!!
※田村しおりとのコラボ企画でご購入頂いた方への発送は今週を予定しております。

またそのUSインディーロックの写真集から飛び出てきたようなクールな出で立ちと雰囲気で
宇都宮のユニオン通り界隈では一目置かれ常に気になる存在であり続ける、
そして安生の親友でもある駒場友さんに今回もアルバムの観想頂きました。
名言ありがとうございます!!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめてあったのはいつだっけ?何処でだっけ?安生君?
バンドの練習に彼は何もわからないままクラシックギターを持って現れた。
どんな騒音に埋もれようがそのスタイルはかわらない。
その時からどんな事が起ころうと彼が存在する限りこのファンタジーな世界が広がり続ける。
どうか一分一秒時間が許す限りこの音を止めないでここにいさせてよね?安生君?
あれ?安生君?

胸の奥にチラつかせている鋭利な剣をずっと引き抜かないままただひたすら音楽を鳴らし続ける。
剣は見えたりみえなかったり、僕たちは切られても血は流れないまま暗闇に潜む美しい音楽に吸い込まれて行く。
クラシックでアイリッシュな世界を独自の奏法で自分流に消化させたとてもキャッチーに響く
安生正人のハープとクラシックギター全10曲。
情緒あるメロディに秘められた想い。
こんなにやさしいのにステップを踏みたくなるんだ。


駒場友(Lowcore Records,Zombie2)
安生正人 - trackbacks(0)
「安生正人×田村しおり」(スペシャル音源付きキーホルダー)取扱店舗
宇都宮のセレクトショップSONARさんで取り扱って頂いております。
ありがとうございます!!

SONAR 
- - trackbacks(0)
M3H RECORDS オンラインショップオープン
お待たせしました。オンラインショップ開設致しました。
宜しくお願いします!!

M3H RECORDS shop online
m3hrecshop.theshop.jp
- - trackbacks(0)
「安生正人×田村しおり」(スペシャル音源付きキーホルダー):駒場友(Lowcore Records)

駒場友さん(Lowcore Records)にお買い上げ頂きました。
ステキなコメントありがとうございます!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
クラシックギターを持って、いつものように彼は噴水の出る公園に居た。
または、ハープを担いで、彼はストリートを歩いている。
その音はいつもみんなが急ぎ足で歩き去る公園から聴こえる、
街なかや街外れの小さな隠れ家から聴こえる、
いつものコーヒーやお酒を飲んでいるときに聴こえてくる。
そんな風にこの音源を聴くといつもそばにいるわけじゃないけど、彼の音楽を身近に感じられる。
安生正人のクラシックギターとハープの世界がわたしを狂わそうとしている。
狂わしの一本一本がゆっくり奏でられてわたしは夢を想う。
わたしの中でずっと彼はストリートミュージシャンだから、
ストリートから聴こえる音楽としてこの音楽を聴く。
街の片隅でひっそりと弾いている安生正人はただ弾くことの楽しみで生きている。
情緒あるやさしいメロディの中に情熱を感じる。
こんなにやさしいのにステップを踏みたくなるんだ。
今度出来上がるCDが楽しみでしかたがない。

駒場友

- - trackbacks(0)
かやぶき古民家ART祭

日程:7月5日(土)、6日(日)、7日(月)
場所:栃木県那須烏山市下境1065-2 かやぶき古民家大木邸
入場料:1日券1000円 2日券1800円 3日券2500円 
※小学生未満70歳以上の方は無料

7月5日〜7日行われる「かやぶき古民家ART祭」に安生正人、田村しおり両名が参加します。
安生正人の出演は6日、田村しおりは終日会場にいる予定です。
好評いただいてるコラボキーホルダーも販売いたします。是非お見逃し無く!!

 



- - trackbacks(0)
『はぢめて の わんまん』ひしゃげた音楽会発売式典 ぱりぱり編ライブレポート

みぇれみぇれのレコ発ワンマンに『はぢめて の わんまん』が阿佐ヶ谷NextSundayで行われた。

個人的な話になってしまうが、自分が宇都宮を離れたのが2011年6月だったので

彼の演奏を聴くのはちょうど3年ぶり。

その間彼も活動の拠点を東京にシフトした事で不定期で行っていたバンド編成の

『おおきなみぇれみぇれ』でのライブが増えたり、そのバンド編成を解散し

あらたにメンバーを正式に迎え入れデュオとして活動する等大きな変化があったようだが、

今回のライブは新メンバーのコントラバスとのデュオとピアノをゲストに迎えての2部構成であった。

ライブは新しいCDの曲を中心に新旧織り交ぜたセットリスト。

昔からやっている曲のアレンジ版なんかが聞けたのが嬉しかった。(若干歌詞が変わった?)

コントラバスが入った事で厚みがました楽曲と、何とも言えない絶妙な具合で差し込んでくる

ベースラインが気持ち良過ぎる。

後半戦はゲストの水井氏(ピアノ&キーボード)とみぇれみぇれとのコーラスが

長丁場でちょっと疲れてきた耳と体に妙にしみ込むようでたまらなかった。

みぇれみぇれは本当に器用なアーティストである。

淡々と作業をこなすように操る楽器群。職人芸を観ているような納得感や安心感が高揚へといざなう。

改めて演奏しているビジュアルを含めてみぇれみぇれだと強く印象付けられるライブであった。

ポップミュージックファンには本当に是非一度体感してもらいたい。

CDでは表現しきれないそして言葉では形容できない空間がありますからマジで!!

『ひしゃげた音楽会〜♩』なんて皆で大合唱できる日を楽しみにしています。

響けみぇれみぇれ!!

- - trackbacks(0)
『安生正人 × 田村しおり』 trailer




安生正人 - trackbacks(0)
『安生正人 × 田村しおり』 アルバム発売コラボ企画

宇都宮を拠点に活動するイラストレーター田村しおり。
絵の具やクレパスを用いて表現される世界感と色彩センスは何処か懐かしくもあり
且つその迷い込みそうになる独特なファンタジーな世界に見え隠れする強烈な主張が
観るものを惹き付ける。
彼女の個展での演奏等で安生正人と親交を深め今回コラボレーションが実現。
アルバム発売先行企画として安生正人の秘蔵音源がダウンロードできる
ダウンロードコード付き田村しおり特製コラボキーホルダーを数量限定販売。
5月17日に行われるデザインフェスタの田村しおりのブースで販売致します。
数に限りがあるのでお早めに!!

・田村しおり:http://buttonmura.exblog.jp
安生正人 - trackbacks(0)
安生正人 1stアルバムリリース決定

地元宇都宮を中心に関東で精力的に活動する、アコースティックギタリスト安生正人。
最近は更なる表現の幅を求めて、独学でハープを始めるなど
ギターで聴く事が出来た、繊細且つしなやかでテクニカルな演奏はハープにも
確実に昇華されおりその音楽センスは健在である。
また最近では音楽性が高く評価され、美術館などのパブリックスペースでの演奏も
増えてきている。

そんな彼の初のオリジナルソロアルバムのリリースが決定しました。
現在はリリースに向けてレコーディング中です。
詳細は後日アップしていきます。
安生正人 - trackbacks(0)
みぇれみぇれ レコ発&初ワンマンライブ開催決定!!
『みぇれみぇれ』の初のワンマンライブの開催が決定しました。
今回のワンマンライブは5月にリリースされるCD「ひしゃげた音楽会」を引っさげての
リリースパーティとなっているようです。
都内の他に彼の地元宇都宮での凱旋公演も決定しているようです。
是非お見逃し無く!!

2014/05/11(日)宇都宮cominote
『はぢめて の わんまん』ひしゃげた音楽会発売式典 ふわふわ編
18:45 open / 19:30 start / charge前¥2000 当¥2500(各+1drink)
Guest:ポカラズ

2014/06/01(日)阿佐ヶ谷NextSunday
『はぢめて の わんまん』ひしゃげた音楽会発売式典 ぱりぱり編
18:30 open / 19:30 start / charge前¥2500 当¥3000(各+1drink)
Guest:水井涼佑(123の八)

ご予約はこちらへ。
 
ライブ情報 - trackbacks(0)
<< | 2/4 | >>